お客様の笑顔がやりがい!|社員紹介vol.3

自ら営業にもチャレンジしたいと申し出たという高橋さん。営業成績も順調なスタートを切っています。

アルバイトから正社員へ vol.2」はこちら 

――初めての営業はいかがですか?

幸いなことに、4月入社から毎月2件のペースで契約が取れています。
営業は初めてですが、人が好きで、楽しく働いていることが結果につながっているのでしょうか。

娘たちのママ友とも子育てを通して長いお付き合いをしていますし、以前の派遣先の部長・課長とも、今でも麻雀やカラオケ、飲み会をご一緒することがあります。
いろいろな人と出会ってきたことが、役に立っているかもしれません。

お客様にも、いろいろな人がいます。

印象的だったのは、賃貸契約を結ぶことができた2件目のお客様です。独身の女性のお客様で、45日かけて、10件ぐらいを見て回り、条件にぴったりの新築物件に落ち着きました。

ご一緒するうちに、とても仲良くなり、2歳になった息子を連れて物件案内に回った日もあったほどです。今でもお付き合いが続いています。

彼氏紹介希望と言われているので、「いい男性を紹介したいね」と、社長とも話しています。

――ほかにも仕事の喜びを感じられたエピソードがあれば、聞かせてください。

Google mapに「丁寧に対応してくれる、と書かれていたので、来てみた」というお客様が、「本当にこれまで回った不動産屋と違う。来てよかった」と言ってくださったのも、うれしい出来事でした。

もう1件は、73歳の独居のお客様の賃貸物件です。

年齢だけで門前払いされてしまうことも多いのが難しい点。姪御さんが近くに住んでいて、姪御さんの娘さんも、物件回りに付き添ってくれるなど、親族総出でサポートしていることをオーナー様にしっかりアピールして、安心していただき、成約に至りました。

社長からは、いつも相手の立場、気持ちになって考えてくださいと言われています。
お客様とオーナー様、どちらの立場も気持ちも考えていくと、お伝えすべきことが見えてきます。

<社長コメント>

高橋さんには、僕の分身になってほしいので、すべてを伝えたいと思っています。

事務処理から入って営業も担当してもらっています。賃貸(部屋探し)のほか、売買、相続の案件にも立ち会ってもらっているのは、学んでほしいから。

公正役場にも、決済の場面にも同行してもらい、現場を見てもらっています。売買に至る経過も説明しますし、心構えも伝えています。

こちらの記事は、20197月、「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」でのインタビューをもとに、高橋さんを紹介しています。 by ライター服部好江
インタビューの様子はこちら»

ご相談いただいたお客様に応える! vol.4」へ、つづく

Follow me!