マンションの住み替えをお考えの方へ!失敗しやすいしないためのポイントをご紹介

「今住んでいるマンションを売却して住み替えをしたいが、何から始めたらよいかわからない」
マンション売却をお考えの方でこのような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
そこでこの記事では、住み替え時のマンション売却に失敗しないためのポイントを紹介していきます。

  

 □マンションを住み替え時の失敗事例とその対策方法

住み替え時によくある失敗として下記内容が挙げられます。

・売却価格の設定に失敗してしまった
・売却と購入が計画どおりに進まなかった

1つずつ見ていきましょう。

*売却価格の設定に失敗してしまった

このケースで多い失敗が、

・ 少しでも高くマンションを売りたいと考え、売却価格を高く設定しすぎてしまい、販売期間が長期化するケース
・転勤等の理由で住み替えまでの期間が短くなり、早く売るためにマンションの売却価格を安くしすぎてしまったケース

この2つの種類に分かれていきます。
このような問題が起きないための対策としては、あらかじめ自分が現在所有しているマンションと同じような物件の相場をしっかりと調べておくという点と売却してから新居を契約する、マンションが希望価格で売れない場合は、賃貸として貸し出すことも考えておくなどの方法が挙げられます。(買い替えの場合、以前住んでいたマンションを売却することを新規借り入れ予定の金融期間が条件とする場合もあります。)

*売却と購入が計画どおりに進まなかった

このケースで多い失敗が、

・今所有しているマンションが売れなかったために新居のマンションと二重ローンになってしまうというケース
・旧居の売却と新居の購入の期間がずれてしまい、賃貸に仮住まいをしなければいけなくなってしまうケース(旧居→仮住まい、仮住まい→新居への引っ越し費用がかかってしまう)

この2つの種類に分かれます。

このような問題が起きないための対策としては、今住んでいるマンションを売却してから新しいマンションを購入するという手順を意識し、

・マンションの売却時には相場と売却か価格が大きくずれていないかや売却期間の見積もりは適切か
・住み替え先不動産の購入時には売却期間を考慮した期間で契約を行う予定か、現在所有しているマンションの住宅ローンの状況をしっかりと確認しているか(二重ローンとなる場合に、自分自身が支払い可能な期間、また新規借り入れをする金融機関からの売却期間の条件)
という点に気を付けていただくことをおすすめします。

 

 まとめ

今回は住み替え時のマンション売却に失敗しないためのポイントをご紹介しました。

最初の住み替えの時は、わからないことも多いかと思いますが、上記失敗例とその対策をあらかじめ知っておくことで、現在所有しているマンションの売却をスムーズにすすめていただくことが可能になります。

大田区、池上線周辺で家やマンションの売却をお考えの方は、お気軽に当社までご相談ください。