不動産を高く売るには?不動産売却をお考えの方は必見!

「不動産を高く売るためにはどうしたら良いのだろう」

「売却活動をする際の注意点を知りたい」

このような悩みをお持ちの方はいませんか。

そこで今回は、不動産を高く売るためのコツをご紹介します。

不動産の売却価格を下げないための注意点も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□不動産を高く売るには依頼する仲介会社選びが重要!

ここでは、依頼する仲介会社選びをする上でのポイントを3つご紹介します。

1つ目は、査定額の根拠を知ることです。

査定後にどうしてこの査定額になったのかを確認してみましょう。

プラスの評価ポイント、マイナスの評価ポイントを可能な限り細かく、周辺の事例なども交えながら説明をしてくれる会社の根拠は信頼性が高いと言えます。

2つ目は、類似物件の売買実績を知ることです。

みなさんが売却したいとお考えの物件及びエリアでの売買実績がどのくらいあるのかを確認してみましょう。

売買件数が多く実績のある会社は頼りになる会社と言えます。

3つ目は、担当の営業マンを知ることです。

査定に来た営業マンに今感じている疑問や不安を率直に伝えてみてください。

そして、それに対して真摯に耳を傾け、具体的に提案や解決方法を提示してくれる営業マンかどうかを確認しましょう。

□不動産の売却価格を下げないための注意点をご紹介!

ここからは、相場よりも価格を下げないための注意点をご紹介します。

*相場よりも大幅に高い査定額に飛びつかない

相場からかけ離れた金額を提示してくる業者は、専任媒介契約がなんとしても欲しいために無理な値段を提示している可能性があります。

そして、相場からかけ離れた価格では売れるはずがないので徐々に値下げを要求されます。

不動産業界では、値下げを繰り返す物件というのは何か問題があると見られる場合もあり、最終的には相場でも売却が困難になる可能性があるので注意しましょう。

*欲張りすぎない

欲張りすぎてしまい、高値で売却できるタイミングを逃してしまうことも少なくありません。

値引き交渉が行われることを考え、ある程度高めに売り出し価格は設定した上で、相場の価格で購入をしたいと言ってくれる人がいた場合には、それで早めに手を打つのも得策でしょう。

また、仲介ではなく買取をすすめられた場合、買取でなければ売却できないケースもあり、一概に売却価格が下がるだけではないこともあるので注意しましょう。

□まとめ

今回は、不動産を高く売るコツと、売却価格を下げないための注意点をご紹介しました。

 

不動産を高く売ると言っても、不動産は一つ一つ全く違います。エリアが変われば当然全く違うものですし

同じエリアでも用途地域が変われば、建つ建物も変わってきます。

広さが違っても、どのくらいの大きさの建物が建つのか?全く違ってきます

同じエリア、同じ広さでも、南北側に長い長方形なのか?東西に長い長方形なのか?によっても北側斜線のかかり方が

変わってくるので建つ建物の大きさが変わります。建物の大きさが変われば価格に影響してきます。

基本的には、南北に長い長方形の方が高くなる傾向にあります。などなど

それによって売り方も変わってくるのです。この時に、どのように判断するか?という経験と知識がものを言います。

是非ご相談ください。

Follow me!