高橋さん、入社のきっかけ|社員紹介vol.1

40歳を目前に修業スタートを決意!

高橋さんは、明るく前向きな姿勢でキラキラ輝くような大人の女性。
昨年11月、アルバイトに応募し、今年4月から正社員となりました。
「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」でのインタビューをもとに、高橋さんを紹介します。 by ライター服部好江

【高橋由希子Profile】
東京都生まれ。3児の母。当社の徒歩圏内のマンションに、夫と次女・長男の4人暮らし。長女は春から独立。2018年11月からアルバイトとして勤務。4月から正社員に。

 

――入社のきっかけを教えてください。

夫が宅地建物取引士の資格を取得して不動産業界に転職しました。いずれは夫婦で不動産業を立ち上げたいという思いがあります。
それで、ライフアシスト の「スタッフ募集」の張り紙がずっと気になっていました。
息子が当時まだ1歳、幼稚園に入るまでは子育てに専念するつもりでいましたが、40歳を目前に、始めてみようと決心しました。

早速電話して面接を取り付け、「週1日からのスタートでいい」と言っていただいたので、アルバイトを始めたのが去年の11月です。
仕事のある日は、娘たちが息子の面倒を見てくれました。娘の一人は成人していますし、もう一人も間も無く成人です。

 

――ご家族が協力的ですね。

はい、息子の出産後、しばらく家にいましたが、それまではずっと仕事をしてきたので、娘たちも夫も協力的です。
以前は、大手企業のグループ会社に派遣で勤めていました。その頃から不動産業に興味を持ち、出産で辞める前は都市開発の大きなプロジェクトを手伝っていました。

いずれ夫と一緒に仕事をするために、次に働くのは、街の不動産屋さんにしたいと考えていて、家にも近いライフアシスト不動産の存在も気にしていたので、「スタッフ募集」をドキドキしながら見ていました。

 

――初めての不動産業はいかがですか?

仲介業は初めてですが、接客が好きなので、楽しいですね。お客様の希望にぴったりの住まいをマッチングして「ありがとう」と言われる仕事です。
簡単ではありませんが、マッチングに成功して喜ばれたときには、こちらもとてもうれしくなります。

 

<社長コメント>
面接時の印象は「誠実な人」。20歳前後の娘さんが2人と聞いて驚きました。再婚と聞いて、てっきり、今のご主人の連れ子なのかと思ったら、ご主人は年下だそうです。ご自身のことを隠さず話されるのも安心でした。
ご近所仲間でもあり、今では、ご主人とも交流しています。

「アルバイトから正社員へ vol.2」に、つづく

Follow me!