ライフアシスト不動産でのリフォーム事例

オーナー様と話し合いながらのリフォーム

昨年末、管理物件からお客様が退去なさったので、管理物件を視察した際、何か所かリフォームが必要かと思いましたので、

①玄関枠が錆びて扉が開きずらくなっていたので工事をご提案 ②壁の一面のみ汚れが目立ったので、アクセントクロスをご提案 ③室内しきり扉の汚れが目立ったので、ダイノックシートを張ることをご提案④お部屋が暗いのでキッチンと洋室にシーリングライトのとりつけをご提案

上記四か所のご提案をさせていただきました。オーナー様と話し合いの末、アクセントクロスを色をつけるのか、またレンガ調にしてみるか、白とグレーのストライプ調にするのをどれにするのかを迷わせてしまったのですが、それ以外は快諾してくださったので、リフォーム業者さんにお願いして、リフォーム決行となりました。

①玄関枠が錆びて開きずらくなっていた工事

一か所がさびついて膨らんでしまっていました。

錆びて膨らんでいた部分をきれいに削り、玄関枠を錆止め塗装していただきました。

②アクセントクロスに関しましては

写真では分かりづらいのですが、こちらの面のみ何か所か汚れが目立ちましたので、

このような白とグレーのアクセントクロスに工事していただきました。このアクセントクロスに関しましては、出来上がりをオーナー様も私も確認したあと、もうワントーン、グレーが濃くても良かったかもですね。と、今後の勉強になりました。オーナー様も初めてのアクセントクロスの試みでしたので、冒険するのは勇気がいることだと思います!それでも、お部屋が明るく見えますので、成功例だと思っております!(^^)!

③室内扉をダイノックシート張替え

この扉の汚れは、クリーニングでは取れない汚れとのことでしたので、ダイノックシートを張っていただくことにしました。

壁に合わせた白のダイノックシートを張っていただけましたので、見違えるようにきれいになりました。

④シーリングライトの取り付け

もともと電気がついていない物件でしたのですが、1階ということもあり、キッチンと洋室の2か所にシーリングライトを取り付けていただき、とても明るいお部屋になりました。

 

このように、リフォームが無事に完了し、お客様に気持ちよく入居していただけますよう、現在募集をしているところです。もう何件か内見していただいていますので、入居していただけるのも近い将来になると思われます。

私としましても、社長から任せていただいた最初の物件になりますので、心にも記憶にも残るリフォームとなりました。

今後も頑張らせていただきたいとおもいます!!

Follow me!