界壁の確認。住みよいアパートにするためのリフォーム

こちらの写真何をやっているかわかりますでしょうか?

弊社が管理する築古木造アパートの天井に穴をあけて屋根裏の界壁を確認しています。

こちらは、音の問題があると入居者より言われたため、

どこが問題なのか?を確認するために穴をあけて確認したという状況です。

屋根裏の界壁とは?

あまり聞きなれない言葉です。

 

屋根裏の界壁とは、左の写真の青い壁です。

ちょっと前にレオパレスが施工不良で指摘されていました。

屋根裏の界壁がないと遮音性がかなり落ちて

隣室がうるさい状況になるわけです。

レオパレスは、建築基準法上 準耐火構造か防火構造の仕様が求められているところに、

別の部材が使われていたり、構造上の基準を満たしていなかったりしていたので問題外です。

 

界壁がないアパートの例の写真があったので、

「こうなると、壁を厚くしても、天井から音が入ってくるのであまり効果が出ない」

ということになるのです。

私の知り合いでレオパレスのアパートに住んでいた人が言っていたのが、

「チャイムが鳴ったので出たら隣の部屋のチャイム音だった。」最初はめちゃめちゃびっくりしたそうですが、

住んでいたら当たり前になってしまったそうです。テレビの音もかなり聞こえたそうです。

 

ですので、界壁があるかないかでリフォーム内容が変わってくるわけです。

界壁がなければ、天井を壊して界壁を作るところからやり直しが必要です。

リフォームの前に界壁のチェックです。

今はそんなことはないと思いますが、築古のアパートは界壁がない可能性も

どうしてもあるんです。

 

 

ありました。よかったです。

界壁があるということになると、壁増強が効果が上がると考えられます。

新たな提案をオーナーにしていきたいと思います。

Follow me!