傾斜家賃制度

傾斜家賃制度 けいしゃやちんせいど

家賃を入居した当初は安く設定しておいて、居住年などに応じて段階的に家賃を上げていく制度のこと。所得が年々増加していた時代には。入居当初の安さは魅力だったが、現在はあまり実施されなくなっている。

[yogo_list]
[yogo_ke]