縁甲板

縁甲板 えんこういた

読み:えんこういた 一方の板の側面に彫った溝に、他方の板につくった突起を差し込む本実加工をしたもので、壁や床にはる小幅で長尺の板材。廊下に使われることが多い。材料は主にヒノキやマツなど。

[yogo_list]
[yogo_e]