圧縮記帳

圧縮記帳 あっしゅくきちょう

税の免除ではなく、特定の収益の課税を繰り延べるための手段として用いられるもの。固定資産の価額が上がり、帳簿価額と時価の差が大きくなったときにその固定資産を譲渡すると、多額の譲渡益が発生するため税額も大きくなる。そこで課税上の配慮から、一定の要件に当てはまる場合は、一度に高額の税負担が生じないよう調整できる。

[yogo_list]
[yogo_a]