アールヌーボー

アールヌーボー

19世紀末のフランス・ベルギーにおこった芸術運動のことで、その後ドイツやオーストリアに広がっていった。植物のツルや茎などの曲線の美しさを表現した建築工芸様式とされる。芸術至上の思想に立つ様式であることから、世紀末のデザインとも呼ばれた。

[yogo_list]
[yogo_a]