地方マンションを販売した不動産売却事例

広島県のマンションを販売した事例。

 

○○さんから、のマンションを売却したいという方がいるので紹介したいとの事で連絡をいただきました。

いまから3年くらい前まで実際にそのマンションに住んでいたそうです。3年前東京に出てくるときに、空いた部屋を賃貸に出していたそうですが、ちょうど退去すると連絡があったために売却したいと考えたそうです。売却する理由として、自分はマンション経営に向いていないとつくづくわかったため売却したいとの事でした。

私のように不動産が大好きな人間からすると信じられませんでしたが、いろいろ話を聞いてみると管理会社と相性に問題があったように感じました。

調査をした結果、貸すこともできるエリアと判断しましたので、再度貸して家賃収入を得るのも選択肢でありますよと伝えたのですが、

「もう絶対に賃貸経営はしたくない」ときっぱりとおっしゃっていたので売却のお手伝いをする事にしました。広島県の業者さんでなく私で大丈夫ですか?とお伝えしたのですが

東京に住んでいる今、広島県に訪問して業者を探すのも面倒であり、○○さんのご紹介ですので都築さんにお願いしたいということでした。広島県という事もあり、交通費いただく形でも大丈夫ですか?と伝えたのですが、大丈夫ですとの事で交通費をご負担いただくことになりました。

 

まずは現場を見なければわかりません。広島県は私行ったことがありません。まずは物件を見ないと見当もつきません。退去したばかりのお部屋に訪問したのですが、猫を飼っていたため床がものすごく傷ついていました。

 

 

建具も傷ついており、3年しか住んでいない割に全体的に部屋が汚れていました。おそらく3年間一度も掃除をしなかった入居者だったんだなとわかりました。私もアパート管理を長くやっていますので、初めて住んだ時と全く同じように綺麗にしてお部屋を返してくださる方もいれば、想像を絶するくらい汚して返す方もいます。

 

広島県の業者さんが原状回復をするとの事でしたので、注意点をすべてオーナーに伝えました。

 

オーナーさんから相手業者の事も聞いてましたので、やな予感がしていたのですが、クリーニングが終わったとの事で、販売用の写真が必要ですので、再度新幹線に乗って写真撮影に訪問したのですが、もちろんハウスクリーニングをしているので、ほこりなどの汚れはなくなっているのですが、私がお願いしていた点はほとんど治っていなかったです。

とくに、猫の爪で傷ついたフローリングに対する修復はひどかったです。素人がやってもこんな風にならないようなやっつけ仕事で呆れました。

 

やっぱりなぁと思いながら、売主さんに伝えましたがすでに全管理会社との間で信頼関係がなく、言ってもやってくれないとの事で今回は現状にて売却したいとの事で、全管理会社に文句も言いたいところでしたが我慢しました。

 

 

そこから販売活動を開始しました。駅から徒歩10分で、比較的便利な場所です。

 

販売活動において、最初に売主さんより「販売はコロナが収縮したころの方がいいんですか?」と質問を受けましたが私は、早く売り始めましょうと提案しました。理由は、駅の反対側の出口近くに大型新築マンションの建設が始まっており、これが完成すると厄介だなと思ったからです。

さらに売却価格は私の査定で、新築で購入した金額よりも200万円高い査定をしました。

理由は、新築で購入した時になかった大型のショッピングセンターが、すぐ近くできていたり隣がスーパーで利便性がよくなった事がありましたが、なんと言っても購入した時より相場が上がっていることがあげられます。

 

「本当に買った値段より200万円も高く販売活動しても大丈夫ですか?」と心配されていましたので、売れる根拠を示し、「最終的に売れるかどうかはやってみないとわかりませんが、まずはまかせてください」と伝え「わかりました」という事で販売活動をスタートしました。

 

販売を開始してみましたが、緊急事態宣言もあったため最初なかなか案内が入らなかったです。

緊急事態宣言もあけ、1件案内が入りました。

その方が購入を迷っているとの事で連絡がありました。翌日今回は購入を見送りますとの事で連絡がありました。理由を聞くと、

「南側の線路の音が気になるため」との事でした。

確かに南側に線路が走っていました。売却物件は4階で、下の方に確かに線路があり、音もかすかにします。それはわかっていましたが私はあまり気にならなかったのですが、

音の問題は人によって感じ方が全く違うので仕方がないと思います。

地元の業者さんに「価格はどうですか?」と聞きました。

すると「本当に絶妙な金額です。ただ、駅近でこの広さでペットが買えてというマンションがないので売れると思います」といわれました。

これは不動産会社にとって最高の誉め言葉なのです。

安ければすぐ売れますが売主さんの利益は少なくなってしまう。高くて売れなければオーナーさんの希望には添えないわけです。

 

案内の数は多くはありませんが、時々案内が入るというイメージです。それでいいと思っていました。

販売開始3か月、他社さんの紹介で案内が入りました。その方は一人で住むペットが飼えるマンションを探していたそうです。

物件を気に入っていただき、お部屋を買っていただきました。

 

契約の時に広島に1回して、銀行ローンが通り、決済で最後に広島へ。合計4回広島に行きました。

 

売主さんが本当に喜んでいらっしゃいました。

広島に新築でマンションを買って、〇〇年住んで、3年人に貸して家賃収入があり、買った値段より高く売れたのです。

売主さんと、紹介してくださった○○さんと3人で食事に行きました。

本当に喜んでくださったのが印象的でした。このような機会をいただき感謝です。

Follow me!