憧憬の邸宅地『久が原』

 

より良い住まいの条件とはなんでしょう?都心へのアクセス、

お洒落な街並み、穏やかな緑・・・

その中でも今回は、城南エリアの邸宅地『久が原』について

ご説明したいと思います。。。

遡ると久が原の住居としての歴史は古く、1927年に発掘された

久が原遺跡から多くの竪穴式住居跡がみつかっていることから、ほかの邸宅地と同じく、古くから

人が暮らす地として発展してきたことが分かります。また、邸宅地は高台であることが多いですが、

人は自然と災害に強い土地、高台に住居を構えるようになっていったことが考えられ、同じ高台である

久が原にも人が集まるようになったと考えられています。

また、住環境としましては、街並み、景観が守られ、地域内のほとんどが区画整理されており、

一区画あたりの土地面積も広く作られています。街の随所には色濃く緑が残り、品と格のある街並みを

形成しているのも共通する特徴です。

今回取り上げた『久が原』は、一朝一夕では得られがたいステータスを感じさせてくれます。そこに共通する

古くから人々が集まり続けてきた歴史と住む場所として整った住環境は時を重ねて積み上げられてきた不動産としての価値があり

、それが人々を惹きつけてやまない邸宅地としての所以ではないでしょうか。

以上、今回は、久が原の情報ををお届けいたしました(#^.^#)

Follow me!